Ryo Hyuga
0
loading...
東銀座法律事務所
日向 稜
最短で解決に
導く
交渉型弁護士

is

法的問題を真の解決に導くには圧倒的な交渉力が必要です

What I do?

法律の知識だけでは
問題解決はできない

弁護士と言うとどのようなイメージをお持ちでしょうか。「法律の専門家」「判例をたくさん知っている」いずれも正解です。 しかし弁護士の本当の仕事とは知識を披露することではなく、クライアント様の問題を解決することです。 アメリカ留学時に学んだ主張の大切さや交渉という学問、そしてこれまでの弁護士経験。これらを総動員し、形式ばった解決策の提示だけではなく、相手方と積極的なコンタクトを取り、クライアント様の悩み事を早期解決に導きます。また、依頼された事件の解決だけではなく、その後のクライアント様の生活や環境、人間関係についても十分に配慮しながら、逐一、最適な提案をお探し致します。

The magic of NEGOTIATION

法的紛争の解決には、
強い交渉力が必要

離婚や慰謝料請求、損害賠償請求や債権回収等の紛争は、多くの場合で和解による解決が望めます。話を難しくとらえるのではなく、事実を整理し、法的責任の範囲を互いに理解して合意をすることが最短の解決方法です。それには相手方に書面や電話で積極的に攻めるフットワークの軽い弁護士が向いています。多くの紛争は待っているばかりでは解決せず、また一度時間を空けてしまうと長期化してしまう場合も多くあります。そのような事案やそのような場面では、素早くアクションを起こし、解決を目指します。

01

OUR
SERVISES

「交渉力」という
専門性を極める

交渉には大きく2つあります。強い態度で相手と交渉しこちらの希望する条件を一方的に勝ち取る方法と、協調的な態度で交渉しお互いの利益の最大化を図る方法です。相手方の反発を招きかねない前者ではなく「相手が自分よりも重要視するものと、自分が相手より重要視するものを交換する」という後者の考えに則り課題解決に向かいます。男女問題や慰謝料請求などの事案は、特に当事者同士では感情論になり、合理的に交渉できないことが原因による行き詰まりが多発しやすいです。専門知識を持った交渉のプロとして、客観的な立場から相手方をコントロールし、最良の条件を引き出せるように努めます。

02

OUR
SERVISES

固定観念に縛られない
若い豊かな発想力

また30代と比較的若いため、フットワークの軽さとアクションの速さには強みがあります。論理的かつ説得的な書面の作成や、緻密な契約書の作成が弁護士の神髄でありますが、それだけではなく、状況に応じて相手方に直接コンタクトを取ったり、許可を得たうえで訪問したりと臨機応変に対応することの重要性も心得ております。解決の糸口が見えない不安を早期に取り除くべく、先手先手の交渉に努めます。

03

OUR
SERVISES

Profile

交渉力をもって
早期解決に導く弁護士

東銀座法律事務所

日向 稜

1990年東京生まれ。アメリカでの交換留学を経て、アメリカと日本の両高校を卒業。世界各国の友人とは今でも交流があり、高校時代に弁護士としての交渉術の基礎を構築。その後、慶應義塾大学法学部を経て、交渉を学問として学ぶ一方、法科大学院の受験勉強に勤しむ。当時合格者数がトップであった中央大学法科大学院を卒業し、司法試験合格。男女問題や裁判前の交渉を伴う紛争事案を得意としているが、比較的幅広く、オールラウンド弁護士として活動。